上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
左上臼歯部のソケットリフトの症例です。
ショートインプラント
上顎洞までの骨厚は約3mmそれに対するインプラント長径は約6mmでした。
骨が足りなかったのでソケットリフトをし人工骨+自家骨を移植しました。
ドリリング時に出た自家骨を混ぜて使用したため、人工骨の使用量は僅かとなりました。
この程度の骨造成はサービスで行なっております。
治療期間は約半年、インプラント2本とハイブリッドのブリッジで総額42万円でした。
ブリッジの場合は単冠の物に比べ費用を抑えることができますが、清掃性がやや劣るため丁寧なクリーニングと、
まめなメンテナンスが必要となります。
2012.01.09 Mon l 上井出歯科ニュース l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。