上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
DSCF0169.jpg
たぶん昔のノーベルバイオケア
DSCF0167.jpg
十年くらい前に入れたインプラントがグラグラするとのことで来院されました。
すでに骨との結合はなく、軽く浸麻をして抜去しました。

インプラントは理論的には永久に持たせることが可能なのですが、天然歯よりも汚染に対する抵抗が無いため
メンテナンスを怠るとすぐにダメになってしまいます。
しかも自覚症状が無いため気がついた時は大抵手遅れです。半年に一度、長くても1年に一度の定期検診が必要になります。ただし、セルフケアが十分に出来ていなければ定期検診に移行することは困難ですが…
当院でも指導は十分しているのですが、それでもあまり器用でない方や忙しい方はセルフケアが十分でないことがあります。その際は、口腔内を半ば強制的に除菌します。
スポンサーサイト
2012.04.09 Mon l 歯科ニュース l コメント (3) トラックバック (0) l top
オーバーデンチャーの症例です。
右上臼歯部にソケットリフトを行いショートインプラントを埋入しました。
ソケットリフト_2

骨厚が2~4mmです。ソケットリフトにて人工骨を填入し、5.8mmのショートインプラントを同時に埋入しました。

ソケットリフト_1

このような症例ではサイナスリフトにて十分骨造成を行った後、2回目の手術にてインプラントを埋入するべきなのですが、患者さまの負担を軽減するためこのような手法をとりました。
治療費はコラーゲンの人工膜と人工骨使用及びインプラント埋入で約6万円でした。
最終的には上顎に4本埋入しアタッチメントを装着後、上顎義歯を固定する予定です。
2012.01.30 Mon l 歯科ニュース l コメント (0) トラックバック (0) l top
最近多忙を極め、ブログになかなか手を付けられません。

以前ブログで紹介しました患者様です。

8月に埋入後今月2次Opeをした時のレントゲン画像です。

埋伏抜歯後のインプラント

抜歯後の空洞がほどんど無くなっています。

下は以前(8月)の写真です。抜歯後に一部人工骨を移植し1M後に同部位にインプラント埋入しています。
画像が悪く申し訳ありません

埋伏抜歯1m後の埋入

抜歯直後はこんな感じでした

埋伏歯抜歯_2

約4か月でここまで回復しています。次はいよいよ補綴です。
2011.11.11 Fri l 歯科ニュース l top
左上に埋入したショートインプラントです。

左上サイナスリフト

上顎洞までの骨の厚みが薄いところで3mmくらいしかないので、ソケットリフトで人工骨を入れてからショートインプラントを埋入しました。
インプラントの長径は5.8mmです。
ずんぐりとしたインプラントの先にある白い塊が人工骨です。セラミックなので吸収はされません。

すでに補綴まで終わり現在はメンテナンスに移行しています。

治療期間は半年、インプラント2本埋入の治療費は補綴物まで込みで総額で41万円でした。

インプラントにしてから元々義歯の鈎歯だった5番目の歯の動揺が無くなりました。

負担が無くなったので当然の結果なのですが・・・



2011.10.17 Mon l 歯科ニュース l コメント (0) l top
右上臼歯部のソケットリフトの症例です。
他医院からの紹介です。抜歯後の治癒も悪かったらしく上顎洞までの骨はほとんどありませんでした。

ソケットリフト 右上_2

ソケットリフトにより埋入、人工骨を少々とドリリング時に出た自家骨片を混ぜて使用しました。

ソケットリフト 右上_1

手術後の粘膜治癒がかなり悪かったです。
治癒期間は6か月待ちました。1次手術費用は材料費込み総額70000円でした。

2011.10.01 Sat l 歯科ニュース l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。